フェイシャルフィットネスパオの使い方をわかりやすく説明します

 

フェイシャルフィットネスパオの使い方をわかりやすく説明します。効果的な使い方や実際に使う前の準備運動や使った後のクールダウンなど紹介します!

 

 

準備運動から始めましょう

 

フェイシャルフィットネスパオ,使い方

 

フェイシャルフィットネスパオの使い方は、立ったままでもイスに腰掛けても、どちらの姿勢でもできます。やりやすい方を選んでください。

 

どちらの体勢で使用しても、外せない大切なことがあります。それは姿勢をきちんと伸ばすこと。正しい姿勢で、使うことです。

 

だからと言って、肩や首に力を入れる必要はありません。まっすぐな姿勢で始めることで、腰や首に掛かる負担がなくなります。

 

立ってトレーニングをする場合は足を肩幅に広げましょう。イスに腰掛ける時は浅めに座り、両足を床にしっかりとつけます。身体に負担を掛けずに、効果を充分に得るために簡単な準備体操から始めるのがポイントです。

 

首を左右にゆっくりと動かします。4秒くらいかけて右に向き同じく4秒かけて元に戻します。左側も同じようにストレッチをしましょう。3回ずつ繰り返します。上下も同じようにゆっくりと動かしておけば、準備運動の完了です。

 

 

大切なのは続けることとクールダウン

 

フェイシャルフィットネスパオ,使い方

 

フェイシャルフィットネスパオの使い方は、難しくありません。本体のバーを口にくわえて、揺らすだけ。1回たったの30秒。そして1日2回です。これだけの運動で、表情筋が鍛えられ、年齢と共に緩んでしまった筋肉が呼び戻せます。

 

と言っても、慣れるまではこの30秒が長がく感じることもあります。そんな時は、まずは一番軽いバランスウェイトから始めましょう。無理をせずに続けていくことが大切です。

 

フェイシャルフィットネスパオの使い方に、場所や時間に決まりはありません。テレビや家事の合間にちょっこと行うこともできます。

 

ポイントはフェイシャルフィットネスパオと首がリズム良く上下に動くこと。速さはいりません。楽な姿勢で、肩の力を抜いて取り組みましょう。

 

準備運動と同じように、クールダウンも大切です。たった30秒とはいえ、普段使わない筋肉を使っています。運動した筋肉をいたわりましょう。手の平を使って、優しくマッサージをするだけで筋肉がほぐれます。