フェイシャルフィットネスパオを体験した感想

 

フェイシャルフィットネスパオ,体験

 

フェイシャルフィットネスパオを体験した感想をお伝えします。

 

40歳をすぎても、メイクをしてニコッと笑えば、まだまだキレイなのではと自己満足をしていました。確かに微笑めば、誰だって、かなり良い印象になるのです。問題は無表情の顔です。ただ単に鏡に向かった時の自分の印象の暗さにびっくりしたのが、きっかけになりました。

 

怒っているつもりはないのですが、口角が下がり、なんともいえない表情が、鏡の中で悲しげでした。メイクだけでは、補えない顔の筋肉の衰えを実感しフェイシャルフィットネスパオを購入しました。

 

届いたばかりの時に、ちょっと欲張ってしまい1回1分以上、1日3~4回もフェイシャルフィットネスパオを熱心に続けてしまいました。使っていない顔の筋肉が悲鳴を上げて、口周りが痛くなり、姿勢がよくなかったのか腰にまで響いてしまいました。

 

しばらくお休みをした後、しっかりと使い方を熟読し、フェイシャルフィットネスパオの公式サイトの動画も見て、正しい姿勢作りからやり直しました。どれだけ良い器具が手元にあっても、使い方が間違っていると効果が得られないどころか、体にとって逆効果になることを実体験しました。

 

あれから、3ヶ月。慎重になった私は、1日2回、30秒を守って続けています。重石もいまだに一番軽いものを使っています。一度、一段階重たい重石に変えたら、口の中が痛くなったのですぐに止めました。

 

たったの3ヶ月、1日1分のエクササイズで、フェイスラインにハリが生まれ、鏡の中で微笑まなくても、生き生きとした印象に変わりました。フェイシャルフィットネスパオを使うだけで、これだけ明るい顔立ちに戻れるとは思っていませんでした。

 

友人はすぐに変化に気がつき、何の化粧品を使っているのかと何度も聞かれました。

 

基礎化粧をしっかりとしていれば、メイクも薄く塗るだけで、充分外出できます。これは、皮膚を支える筋肉を鍛えた賜物です。美容液などを使っても、ここまでの効果は得られなかったのではと思っています。

 

派手なメイクやアクセサリーでごまかさない、シンプルなおしゃれを楽しんでいます。(46歳 神戸)